ナビゲーションサービスで培ってきたデータ・技術・ユーザー基盤を活かし、
交通や移動に関するデータ分析・コンサルティングを行っています。
03-3402-0827
交通コンサルティング事業部

分析事例

圏央道延伸の影響分析
全国分析サンプル公開中

配布資料では最新の分析事例を随時更新しております。
ご希望の方はこちらの資料ダウンロードお申し込みフォームよりお問い合わせください。

経路検索条件データ

経路検索条件データとは、1日前あるいは1週間前など、ユーザーは実際に移動をする時間よりも「前」に経路検索を行うことが多いため、人が集中しそうな場所を事前に検知することができます。

経路検索条件データイメージ

観光分析・交通分析

地域内の概況から、スポット毎の詳細までを併せて把握できます。

例:伊勢神宮・式年遷宮時の検索状況

伊勢神宮・式年遷宮時の検索状況

経路検索数は、施設の人気や話題性の変化に敏感に反応します。集客数や集客エリアの変化を素早く把握できます。

例:富岡製糸場・世界遺産登録後の検索状況

富岡製糸場・世界遺産登録後の検索状況

近未来の移動需要の検出

1日前あるいは1週間前など、ユーザーは実際に移動をする時間よりも「前」に経路検索を行うことが多いため、人が集中しそうな場所を事前に検知することができます。

例:「ももいろクローバーZ」のライブ(開演17時)が西武ドームで始まる1時間前の首都圏の検索状況

「ももいろクローバーZ」のライブ(開演17時)が西武ドームで始まる1時間前

近未来の人の移動が予測できることで、混雑による混乱や事故を回避するための誘導、臨時交通の検討、駅周辺店舗への情報提供などへの活用が期待できます。

例:「ももいろクローバーZ」のライブがあった2013年4月13日に西武球場前駅を到着地に指定した検索数

2013年04月13日に西武球場前を到着指定した検索数

インバウンドGPSデータ

インバウンドGPSデータとは、訪日外国人向け観光案内・ナビゲーションアプリで収集したGPSデータです。個人を特定しない形に加工した上で訪日客の行動や滞在を分析し、アプリのサービス向上に役立てています。


※インバウンドGPSは株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。

インバウンドGPSデータ

訪日外国人行動分析

1kmや10kmメッシュで訪日客の滞在人数を集計し、訪日客ならではの人気エリアを把握できます。

例:京都1kmメッシュの滞在ユーザー数

京都1kmメッシュの滞在ユーザー数

また、登録された国籍別に分析することで、ターゲットに応じた戦略立案・効果測定も可能です。

例:京都と大阪の国別の観光行動傾向

京都と大阪の国別の観光行動傾向

例:奈良の昼夜別訪日客滞在者数

奈良の昼夜別訪日客滞在者数

携帯カーナビプローブデータ

携帯カーナビプローブデータとは、携帯カーナビアプリで主に音声案内時に取得されたGPSデータ(プローブデータ)です。特長は大きく3つで、
①提供可能な形態が豊富
②経路がわかる
③様々な車種のデータがある
です。

携帯カーナビ

主な分析パターン

交通量・交通流分析

経路がわかる特長を活かし、様々なパターンで交通の流れを把握することができます。渋滞区間の流入出、異常時の迂回状況等を定量的・視覚的に捉えられます。

所要時間・速度分析

一般的なリンク旅行速度だけでなく、路線上の速度や、地点間の所要時間交差点通過時間など、様々なパターンで所要時間・速度を把握・可視化することができます。

走行挙動分析

GPSの座標値に対して適切なフィルタをかけることで、速度・加速度を実用的な精度で取得できますので、道路や運転の安全性評価等に利用できます。

交通量・交通流分析~経路選択~

経路単位での交通流を統計的に集計します。経路がわかるという特長を活かして、ICや道路の新設による道路利用圏の変化や経路選択状況の把握など、交通・道路の整備効果を測定することができます。道路種別によらず事業者横断的な分析が可能なことも特長のひとつです。

例:道路整備効果(圏央道)経路転換の様子

道路整備効果(圏央道)経路転換の様子

詳細は「圏央道延伸の影響分析」にてご紹介しております。

所要時間・速度分析~交差点分析~

全国の信号交差点の通過時間、通過台数を集計

ナビタイムジャパンが保有している携帯カーナビプローブデータを用いて、右左折方向別の交差点通過時間、通過台数を推定します。
全国の交差点を調査できる、右左折別の通過時間や通過台数がわかるといった特長を活かして、広域でのボトルネック交差点の抽出や右左折方向別の車線の整備、信号制御の見直しに活用することができます。

Quantum GISによる地図表示例

全国ビッグデータ公開サイト

経路選択データ

経路選択データとは、複数経路の中からのユーザの選択をデータ化したものです。これを用いることで、経路選択モデル構築等の分析が可能です。大都市交通センサスと同等のサンプル数が約1カ月で集まり、既存センサス調査への補完的活用が期待されます。

経路選択データ

利用路線シェア分析(成田空港 着)

競合路線間や、有料列車と無料列車等の利用路線シェアを算出することができます。利用者増に役立つデータを容易に取得・表示できることも経路選択データの特長です。

利用路線シェア分析

ナビタイムジャパンの交通コンサルティングに関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

地図・経路探索のNAVITIME JAPAN ナビタイム ジャパン

[ ナビタイムの法人向けサービス ]

 ナビタイムの地図表示・経路案内・乗換検索機能を貴社のサイトやシステムへ!

Copyright ©2017 NAVITIME JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.

トップに戻る